子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

英語絵本の読み聞かせ「Curious George Rain or Shine」おさるのジョージの天気予報

      後で読む

英語絵本の読み聞かせ動画、今回観たのはアニメでもおなじみの「おさるのジョージ」の絵本です。

少しやんちゃなところもありますがとっても賢いおさるのジョージのお話は、子供が小さい頃から見ているとっても大好きなアニメの一つでした。

タイトルは「Curious George Rain or Shine」。日本語絵本でも「あした てんきになあれ」として出版されているおはなしですね。

最近、子供が勉強する英語の文章は少し長めのものになってきているので、 英語の絵本もそれに合わせて文書量の多いものに挑戦してみようと探してみました。あまり難しい単語が出てきても途中で飽きてしまいますから、簡単な英語で書かれているこのおさるのジョージの英語絵本はちょうどぴったりな素材でした。

 

 

Curious George was a playful little monkey.
好奇心の強いジョージは遊び好きな小さな猿だった。

likes most playful monkeys.
最も遊び心のあるサルです。

he loved having fun outside.
彼は外遊びが好きだった。

 

but sometimes weather would not cooperate with George.
しかし、時には天気がジョージと協力しないこともあります。

it would be too windy for playing ball. Or too wet for flying a kite.
ボール遊ぶには風が強すぎるでしょう。またはカイトを飛ばすには濡れすぎる。

 

George was tired of the weather ruining his fun. He decided that he would just have to be prepared for anything.

ジョージは彼の楽しみを台無しにする天気に飽きていた。彼は何かの準備をしなければならないと決めました。

Then the doorman told him that some animals have a special way to tell the weather.

ドアマンは、いくつかの動物が天気を伝える特別な方法を持っていると彼に言った。

 

George was curious. He didn’t think that he was one of these animals. but maybe he could become one!

ジョージは好奇心が強い。彼は彼がこれらの動物の一人だとは思わなかった。多分彼はその1つになるかもしれない!

George decided to ask his friend the man with the yellow hat.

ジョージは黄色の帽子をかぶった友人に尋ねることにしました。

 

The man told George about his saying that sailors use to help them predict the weather.

男性はジョージに、船員が天気を予測するのに役立つという彼の言葉について語った。

“red sky at night sailor’s delight” this meant that if a sailor saw a bright, red sunset the next day would be sunny!

「夜の船乗りの喜びの赤い空」は、船乗りが明るく赤い夕日を見たとき、翌日は晴れやかになることを意味しました!

 

That gave George an idea. He would draw his pictures of the sky and then watch what happened to the weather. He started with the red sunset that evening.

それはジョージに考えを与えた。彼は空の写真を描いて、天気に何が起こったかを見ます。彼はその夜、赤い夕日から始めた。

The next day was warm and sunny. He drew a picture of that below the sunset from the day before. He even drew the cricket that he met while he was drawing Chirrp-chirrp!

翌日は暖かく晴れていた。彼は日没までに夕日の絵を描きました。彼はチューチュー描いている間に彼が会ったコオロギさえ描いた。

 

The next morning there were dark clouds to draw. His cricket friend was back. But he was much quieter on that chilly day.
Chirrp. by that afternoon. it was raining.
翌朝、暗い雲が描かれました。彼のコオロギの友人は戻っていた。しかし、彼はその寒い日にはずっと静かでした。
チュー。その午後まで、雨が降っていた。

 

hmm.. did clouds mean that it would rain? George thought so.
These drawings were becoming very useful.
うーん..雲は雨が降るだろうか?ジョージはそう思った。
これらの絵は非常に役に立つようになっていました。

 

The next day George used his drawings to help make a decision. When the man asked if George wanted to go on a picnic, George predicted that the clouds he saw that morning would mean rain later on. he decided to stay at home.

翌日ジョージは彼の絵を使って決定を下した。ジョージがピクニックに行きたがっているかどうか尋ねられたとき、ジョージはジョージがその午前中に見た雲がその後雨が降ると予測した。彼は家にいます。

 

But it never rained in fact, it was a beautiful day the blue sky was full of white fluffy clouds.

しかし、実際に雨が降らなかった、青空が美しい一日で白いふわふわの雲でいっぱいだった。

 

Ah ha! So maybe dark clouds meant that it would rain! White clouds meant that the weather would be good. George was so happy when he saw a sky full of white clouds the next morning. Now he could go on that picnic.
ああ!だから多分暗い雲は雨が降ることを意味していたかもしれません!白い雲は天気が良いことを意味した。翌朝、ジョージは白い雲に満ちた空を見たときにとても幸せでした。今、彼はそのピクニックに行くことができました。

 

But George’s happiness didn’t last long. Wind blew a storm in that soaked his sandwich. The wind rain had ruined his picnic, and his prediction. The weather business was not easy. How was George supposed to predict the wind too?
しかしジョージの幸福は長く続いていませんでした。嵐の風は彼のサンドイッチを浸し吹き飛ばした。風雨は彼のピクニックと彼の予測を台無しにした。。気象ビジネスは容易ではなかった。ジョージはどのようにして風を予測するのだろうか?

 

The next day, George noticed a flag flapping in the wind he didn’t have a flag, so he used the man’s sock as one. George watched as the sock flapped in the direction the wind blew.

翌日、ジョージは風に羽ばたく旗に気づいたが、旗がないので、男の靴下を使った。ジョージは、靴下が風が吹き飛んだ方向にはためいているのを見ました。

 

George also had a pinwheel. When the wind blew fast, his bee pinwheel spun quickly. When the wind blew slowly or not at all, the pinwheel spun slowly too. Now he could tell how fast the wind was blowing.

ジョージはまた、風車を持っていました。
風が速く吹いたとき、彼のハチの風車は早く回ります。
風がゆっくり、または、まったくないとき、風車もゆっくりまわりました。現在、彼は、風がどれくらい速く吹いているかについて見分けることができました。

 

As a special treat, George’s friend took him to the weather station for a visit. There were no socks, and pinwheel, crayons, or crickets. How do they predict the weather?
特別な扱いとして、ジョージの友人は訪問のために気象ステーションに彼を連れて行きました。靴下、ピンホイール、クレヨン、またはクリケットはなかった。どのように天気を予測していますか?

 

The weather scientists told George that they use radar and satellites in space to find weather patterns.
天気科学者はジョージに、宇宙でレーダーと衛星を使って気象パターンを見つける、と話しました。

 

Unfortunately, they were missing one of their satellites. They wouldn’t be able to predict the day’s weather for the mayor’s big golf game. George had an idea!
残念ながら、彼らは衛星の1つを失っていました。彼らは市長の大きなゴルフゲームの日の天気を予測することができないでしょう。ジョージはアイデアを持っていた!

 

George raced home. The sock and the pinwheel showed the morning storm clouds were being blown away. His drawings showed the sky was red the night before, and the cricket was terrific quietly. George predicted it would be a good day for golfing! He could predict the weather after all.
ジョージは大急ぎで家に帰った。靴下と風車は、朝の雲と嵐で吹き飛ばされていることを示した。彼の絵は、前夜、空が赤いことを示し、コオロギはとても静かだった。ジョージはそれがゴルフのための良い日になると予測しました!彼は結局のところ天気を予測することができた。

 

Back at the weather station, the mayor was happy to hear the news! He invited everyone to come to the golf course.
気象局に戻って、市長はニュースを聞いてうれしかった!彼は皆にゴルフ場に来るように誘った。

 

George had one more prediction to make that day — tomorrow would be a great day for a picnic.

ジョージはその日もう一度予測しました – 明日はピクニックのための素晴らしい一日になります。

 

 - 英語絵本