子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

英語リスニングCDの聞き流し効果

投稿日:2016年6月23日 更新日:

リスニングCDの聞き流し

子供が幼稚園に入る前くらいから、家ではできるだけ普段から英語リスニングに取り組んでいます。うちで遊んでいるときは音は絞り気味にしてBGMのようにかけ流しています。

通っていた七田チャイルドの先生からは、1日90分くらいは英語を聴かせる習慣を付けてあげてくださいと言われてきました。音はあまり大きくなく、小さめが良いそうです。

徐々に効果は現れてきますよ~・・と。

取り組めない日もありましたが、もうかれこれ7~8年くらいは続けてきたでしょうか。

最近、その英語の聞き流しの効果が現れてきたかなと感じています。

 

最初の頃は七田教室で使われているリスニングCDとかリーディングツリーの絵本シリーズをかけ流していました。

絵本の場合はただかけ流すだけではなく、読み聞かせを行いながら徐々に暗唱へとつなげていきます。短めの本から始めて徐々に長めの絵本を丸ごと暗唱できるように何冊も取り組んでいました。 年に1回コンテストがあったのですが、それに向けて発音練習を行った結果、一度グランプリを受賞したことがあります。

読み聞かせの音声は丸ごと真似することに重きを置いています。特に、切る所、一息の所は細かくチェックすることがあります。ただ、幼児期までは発音のダメ出しはあまりしないほうが良いと言われていました。あまりダメダメを言ってしまうと子供が発話しなくなることもあるからです。小学校に入って慣れてきた頃から少しづつ修正するようにしています。

内容はそれほど理解してなくても構わない感じでしたが、それでもやはり徐々に進めていくうちに内容を理解するようになります。

2016-06-23_134014

聞き流すだけから発音を真似るように

リスニングCDから流れる英語に合わせて発音を真似るのは、英語習得法としてたまに聞くことのあるシャドウィングに近いかもしれません。

子供のうちは日本語の絵本でもそうですが、何度も繰り返し読んでいるうちに自分でも声に出して読みたくなりますよね。あの自然な感じで英語でも同じように真似していく所から始めます。なので小さいうちから始めるのが楽なんです。

ずっと使ってきた手持ちの教材物は英語を体系的に学べて良かったのですが、何度も何度も繰り返していると、そのうち馴染むのを通り越して飽きてしまいます。

そうなってくると、次々とリスニングできる英語コンテンツ新しい物を求めるようになります。

最近ではセブンプラスバイリンガルのCDをよくかけ流しています。

七田の子供向けに出た英会話用教材CDなのですが、会話式のストーリーで内容も楽しく子供も気に入っています。教材については過去記事にレビュー入れています。→七田式の7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)で英語の聞き流しを毎日やってみた感想

子供がよく使う頻出英単語がまんべんなくストーリーに使われていて効率的に重要単語や熟語なんかも覚えられます。

このセブンプラスバイリンガルの学習方法も先ほどのシャドーウィングに近いやり方かもしれません。聞き流しと発音するというのが1セットになっているんですね。

セブンプラス・バイリンガル

最初に日本語を聞く所からスタートし、内容をある程度理解してから英語音声を聞きます。その次に流れてくるのは高速の英語音声。その後また普通のスピードに戻って同じ英語音声が流れます。この高速視聴、七田ではよく行う方法なのですが、早いスピードで聞いた後に普通の速度でもう一度聞くと、そのスピードが少しゆっくり聞こえてくるんです。

その聴きやすくなった音声に合わせて声を出して真似をするという流れです。脳科学的にこのひと手間が記憶に定着しやすくなると言われています。

リスニングするだけでなく、リスニングした後に発音するというこの教材の習慣付けのおかげで、最近英語を声に出している子供の声をよく聴くようになりました。

発声することが英会話の一番の練習ですから、よい刺激になったと思います。

 

もうひとつ最近のお気に入りコンテンツは、NHKのエンジョイ・シンプル・イングリッシュ。月曜から金曜まで週5回、5分番組です。英語だけで日本語の解説はありません。曜日ごとにストーリーが変わり、連続ものやショートストーリー、落語などわかりやすい英語が流れます。

こちらはリスニングのみになりますがストリーミングだと何度も繰り返し聴けるのが良いです。一週間聴いて飽きた頃にまた次の新しいオンエアを楽しめます。何よりこのコンテンツは無料なのが良いです。

手持ちの教材を繰り返し聞き慣れてしまった方はこの番組はおすすめできると思います。小学生くらいでも英検4~5級レベルだと大丈夫な感じでした。

視聴はスマホアプリでもできます。

-幼児英語

  オススメ

関連記事

幼児英語の聞き流し

幼児のうちから英語の聞き流しは効果を実感します

幼いうちから英語を習い続けていると子供には「なんで?」がないんです。 幼児期は言葉を聞いて処理する能力が一生のうちで最も活動的な時だからです。 そこには中高で習うような文法やルールの解説は必要ありませ …

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

no image

ステップアップのための子ども英語教室選びのヒントに

前回は、1〜2歳くらいの子ども向けの英語教室についてお話しました。今回は、子どもの英語学習をステップアップさせる教室選び。

英語をいつから学ばせたら良いか

英語をいつから学ばせたら良いか

子供の英語を学習し始める時期って年々下がっているようです。 内容にもよりますが、親子で英語に取り組み始めるきっかけは幼児向け雑誌の付録であったりディズニーなどの無料お試しCDだったりしますよね。 過去 …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語

英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング
英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング

英語やイラストにタッチペンで触れると英語音声が流れるタイ...

フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ
フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ

フォニックスの基本がわかるABCソングのご紹介です。AB...

子供と自宅学習に使ってきた英語教材
子供と自宅学習に使ってきた英語教材

子供が生まれるとすぐに英語を意識した育児を始めました。子...

児童英検と英検の違い
児童英検と英検の違い

通っている英語教室のお話によれば、 児童英検や英検、TOEIC...

小学生が使う英和辞典おすすめを先輩ママに聞いてみました
小学生が使う英和辞典おすすめを先輩ママに聞いてみました

子供が小学生になるまで英語辞典はOxford Picture D...

ワールドワイドキッズ