子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

未来の表現be going toとwill

      後で読む

be going toには2つの意味

中2英語で習う未来の表現 be going toとwillについての解説ビデオです。

未来を表すbe going to ~には2つの意味があることや、否定文、疑問文の作り方のおさらいができます。willについても、be going toとの違いや同じく否定文、疑問文の作り方を見ていきます。

中学生向けですが、ネイティブの英会話スクールに通っていた小学生低学年くらいの子供でも理解できる内容になっています。

be going to ~

be going to +動詞の原形は、「~するつもり」「~する予定だ」の他にも「~しそうだ」と起こりそうな未来を表現するときにも使われます。

 

 

be going to ~ 否定文

否定文にしたい時のnotの位置の確認。

 

 

be going to ~ 疑問文

疑問文はbe動詞をを前に出すだけ。

be動詞を含む文の疑問文はすべて同じ。

 

 

willを使った未来表現

willの後には動詞の原形がくることや、意味の確認ができます。

 

 

willの否定文

willの後にnotを入れて否定文にする。 will notを省略してwon’tとすることも。

 

 

willの疑問文

疑問文にするときはwillを前に出す。

willから始まる質問の答え方について。

 

 

確認テスト

be going toとwillを使った未来の表現に関する問題です。

どのくらい理解できたか確認しながらおさらいしてみると良いでしょう。

 

 

be going toとwillについて、今回は中学2年で習う基礎的な内容です。

英検4級レベルのおさらいとしてまとめてみました。

 - 英検