子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

*

スヌーピー絵本「チャーリー・ブラウンのクリスマス」英語の読み聞かせ(対訳付き)

      後で読む

スヌーピーの絵本「A Charlie Brown Christmas 」、日本語では「チャーリー・ブラウンのクリスマス」というタイトルです。
 

英語で読みあげてくれるピーナッツ絵本の動画を探していて見つけました。

本文はけっこう長めで、所々、知らない英単語や言い回しなどありましたが、英文は全体的にわかりやすくシンプルです。子供と翻訳した後リスニングしました。

動画の簡単な対訳は下に載せてあります。

読み上げはネイティブ小学生並みのスピードになっています。

何度か繰り返し聞いていればリスニング力が付きそうです。

 

A Charlie Brown Christmas – Storybook Read Aloud

 

 

対訳

0.00

It’s the most magical time of the year.
christmas is coming! The air is crisp and cold,

children are ice-skating, and the sound of Christmas carols fills the air. Everyone is in the holiday spirit.
Well, almost everyone.

 

 

一年で最も魅力的な時期です。クリスマスがやってくる!
空気はサクサクして冷たく、子供たちはアイススケート、そしてクリスマスキャロルは空気を満たします。
みんな休暇中の気分です。さて、ほとんどのみなさんにとっては。

 

 

0:36

 

“I think there must be something wrong with me,” Charlie Brown says.
“Christmas is coming, but I’m not happy. I like getting presents, sending cards, decorating trees, and all that, but I always end up feeling sad.”

“Charlie Brown, you’re the only person I know who can take a wonderful season like Christmas and turn it into a problem,” Linus says. “Maybe Lucy’s right. Of all the Charlie Browns in the world, you’re the Charlie Browniest.”

 

 

「私はどこかおかしいに違いないと思うのだけど。」チャーリーブラウンは言った。
「クリスマスはやってくる、でもボクは幸せじゃない。プレゼントを受け取ったり、カードを送ったり、ツリーを飾ったり、それら全部、でも結局悲しく感じて終わる。」
「チャーリーブラウン、あなたは、こんな素晴らしいクリスマスシーズンを問題に変えてしまう、私が知っているただ一人の人です。」ライナスは言った。
「たぶん、ルーシーの言うとおり。世界中のチャーリーブラウンの中で、あなたは最もチャーリーブラウンらしいわ」

 

 

 

1:10

 

Charlie Brown decides to talk to Lucy. She gives really good advice, and it only costs five cents.“I just don’t understand Christmas,” Charlie Brown tells her. “Instead of feeling happy, I feel sort of let down.”

“You need to get involved in a real Christmas project,” Lucy advises. “How would you like to be the director of our Christmas play?”

“Me? A director?” Charlie Brown is surprised at the suggestion. He knows nothing about directing, but it sounds exciting! He agrees to meet Lucy at the school auditorium.

 

 

チャーリー・ブラウンは、ルーシーと話すことに決めた。
彼女は本当に良いアドバイスをします。そして、5セントかかるだけです。
「私はクリスマスが全く理解できない」チャーリー・ブラウンは彼女にそう言いました。
「幸せであると感じる代わりに、私はちょっと失望を感じます。」

「あなたは本気でクリスマスの催しにかかわる必要があります」
とルーシーはアドバイスしました。「クリスマスを楽しむ演出家じゃない?」

「わたしが演出家?」チャーリー・ブラウンは提案に驚きました。彼は指示することについて何も知りません。でも、とっても刺激的!彼は学校の講堂でルーシーと会うことを了承しました。

 

 

 

1:47

On his way to the auditorium, Charlie Brown spots his dog, Snoopy, carrying a box of Christmas ornaments and lights. He watches as Snoopy carefully decorates his dog house. Snoopy has entered a contest to win money for the best neighborhood Christmas lights and display.

“My own dog has gone commercial!” Charlie Brown groans. “I can’t stand it!”

 

講堂へ行く途中、チャーリー・ブラウンは彼の犬、クリスマスの飾りと装飾ライトを運んでいるスヌーピーを見つけます。
スヌーピーは犬小屋を慎重に装飾しているように見えます。
スヌーピーは賞金を得るためにご近所装飾コンテストに参加しました。

「私の自立した犬は商業的になりました。」チャーリー・ブラウンはうめきます。「私は、それに耐えられません!」

 

 

 

2:13

 

Next, Charlie Brown is stopped by his sister, Sally. “Will you help me write a letter to Santa Claus, big brother?” Sally asks.

Charlie Brown begins to write down everything Sally says.

“Dear Santa Claus,” Sally starts. “How have you been? I have been extra good this year, so I have a long list of presents. But you can make it easy on yourself. Just send money! How about tens and twenties?”

Charlie Brown sighs. “Good grief!”

 

 

次に、チャーリー・ブラウンは、彼の姉妹サリーによって止められます。
「あなたは私がサンタクロースに手紙を書くのを手伝える?おにいちゃん」サリーがたずねます。

チャーリー・ブラウンはサリーが言うことをすべて書き始めました。

「親愛なるサンタクロースへ」サリーは始めます。「いかがお過ごしですか? 私は極上の年を過ごしました。それで、私は長いプレゼントリストをもっています。しかし、あなたはそれを簡単にすることができます。
ただ、お金を送るだけで! 10か20くらいでどうかしら?」

チャーリー・ブラウンはため息をつきます。「やれやれ!」

 

 

2:50

 

When Charlie Brown finally arrives at the auditorium, the cast is waiting for him.
“Okay, let’s have quiet!” he announces. “Places, everybody. Action.”

But no one listens to him. Schroeder starts playing his piano and everyone starts dancing. Nobody cares that Charlie Brown is directing. Nobody cares about the play.
They just want to dance!

 

 

チャーリー・ブラウンがついに講堂へ到着したとき、キャストは彼を待っていた。
「よし、静かに!」彼はみんなに向かって告げる「配置、みんな、始めて。」

でも、誰も彼のことを聞きません。スクローダーは彼のピアノを弾きはじめて、みんなは踊り始めた。だれもチャーリー・ブラウンの指揮にかまっていない。だれもその遊びが好きではありません。
彼らはただ踊りたいだけ!

 

 

3:17

 

Charlie Brown feels even worse than he did before. “This Christmas play is all wrong.” he moans.

Lucy tries to make him feel better. “Everybody knows Christmas is just a time of year for people to buy stuff,” she says.

But Charlie Brown disagrees. “This is one play that is going to be different. We need something to set the proper mood. We need a Christmas tree!”

 

 

チャーリー・ブラウンはさっきまでより一層悪く感じる。
「このクリスマス劇はすべて間違ってる。」彼はうなります。

ルーシーは彼を気分よくさせようとします。
「クリスマスはただモノを買う人々のための時期だってことを誰でも知ってるわ」彼女は言った。

しかし、チャーリー・ブラウンは承知しない
「これは変わりつつあるひとつの劇なんだ。私たちはなにかふさわしい気分のセットが必要だ。クリスマスツリーが必要だ!」

 

 

3:37

 

“That’s it!” Lucy exclaims. “We need a Christmas tree! A great. big, shiny aluminum tree! You go get the tree, Charlie Brown.”

“I’ll take Linus with me,”Charlie Brown says. “The rest of you can practice your lines.”

Lucy is excited about the Christmas tree. “Get the biggest aluminum tree you can find” she orders. “Maybe painted pink!”

 

 

「それよ!。」ルーシーは叫ぶ。「私たちクリスマスツリーが必要よ!すごく大きくて、光るアルミニウムの木!木を取って来て、チャーリー・ブラウン」

「ライナスも一緒に連れて行くよ」チャーリー・ブラウンは言った。「あなたたち残りはあなたのラインを練習できるよ」

ルーシーはクリスマスツリーを想い興奮した。「一番大きなアルミニウムツリーを見つけられるわ」彼女は命じた。「たぶんピンクに塗られたやつ!」

 

 

4:03

 

When Charlie Brown and Linus arrive at the Christmas tree lot, they are surrounded by fake trees. Some are plastic. Some are aluminum. Some are painted different colors. Some even have polka dots.

Linus knocks on one of the aluminum trees. “Do they still make wooden Christmas trees?” he wonders out loud. Meanwhile, Charlie Brown is starting to feel sad again.
None of these trees feel right to him.

 

 

チャーリーブラウンとライナスがクリスマスツリー置き場に到着したとき、彼らは偽物の木に囲まれていました。あるものはプラスチック。あるものはアルミニウム。あるものは違う色に塗られていました。いくつかは水玉模様のものもあります。

ライナスはアルミニウムの木のひとつを叩いた。「彼らはまだ木のクリスマス・ツリーを作りますか?」彼は大声で不思議がる。
その間、チャーリーブラウンはまた悲しい気分が始まってしまった。
これらのどの木も彼には正しいと感じない。

 

 

4:31

 

Then Charlie Brown sees it. A teeny-tiny green tree. He smiles. “This little tree seems to need a home,” he says.

Linus hesitates. “I don’t know, Charlie Brown. This doesn’t seem to fit the modern spirit.”

But Charlie Brown suddenly feels better than he has in days. “We’ll decorate it, and it will be just right for our play. Besides, I think it needs me.” He picks up the tree.

Needles tinkle as they fall off the scrawny tree, making it even scrawnier.

 

 

それからチャーリーブラウンはそれを眺めた。ちっちゃい緑の木。彼はわらっている。「この小さな木は家を必要としているように見える。」彼は言った。

ライナスはためらいます。「私は知らないわ、チャーリーブラウン。これは現代の精神にはフィットしないように見えるわ。」

しかし、チャーリー・ブラウンは、突然、彼が一日で感じた中で一番気分良かった。
「我々はそれを飾りましょう。そして、それはちょうど我々の劇にとって正しいです。ほかにも、それは私を必要としていると思う。」彼はその木を取り出した。

痩せこけた木からがチリンと落ちた。それをさらにやせこけさせた。

 

 

5:08

 

Charlie Brown is still smiling when he returns to the auditorium. He gently places the tree down on Schroeder’s piano. “We’re back!” he announces. Everyone rushes over to see the tree. They are shocked and disappointed at Charlie Brown’s choice.

“You were supposed to get a good tree!” Lucy declares. “Can’t you even tell a good tree from a poor tree?”

Everyone agrees.

 

 

チャーリーブラウンは講堂に戻ってきてもまだ笑っている。
彼は、穏やかなシュローダーのピアノのそばへそっと木を置きます。
「もどったわよ」彼は告げた。みんな木を見るために急ぎます。
彼らはショックを受けて、チャーリー・ブラウンの選んだ方に失望します。

「あなたは良い木を選ぶと予想していたわ」ルーシーは宣言した。
「あなたは、良い木と劣った木を見分けることさえできませんか?」みんな同意した。

 

 

5:34

 

What happens next is worst of all. Everybody starts to laugh at Charlie Brown and the little tree—even Snoopy!

 

 

次に起こることは、まったく最悪です。
みんなチャーリー・ブラウンと小さい木を笑いはじめます。スヌーピーでさえ!。

 

 

5:46

 

Charlie Brown feels sadder than ever. He turns to Linus. “I guess you were right,” he says. “I shouldn’t have picked this little tree. I really don’t know what Christmas is all about.” He pauses and looks around. “Isn’t there anyonewho knows what Christmas is all about?” he cries.

 

 

チャーリー・ブラウンは、これまでより悲しいと感じます。
彼はルーシーへ振り返り「私は、あなたが正しかったと思います」彼は言います。「私は、この小さい木を選択してはいけませんでした。私はクリスマスのすべてが何たるかを全く知らない。」彼は立ち止まり、あたりを見まわします。「クリスマスがなんであるかすべて知っている人は誰かいますか?」彼は泣きます。

 

 

6:08

 

To his surprise, it is Linus who answers. “Sure, Charlie Brown. I can tell you what Christmas is all about.” He walks to the center of the stage and says,“Lights, please.”

Somebody dims the lights in the auditorium and puts a single spotlig Linus. In a clear voice, Linus begins to speak.

 

 

驚いたことに、答えるのはライナスです。
「もちろん、チャーリー・ブラウン。私は、クリスマスが何かについてすべて、あなたに話すことができます。」彼はステージの中心へ歩いて行って、言います。「灯りをお願い」

誰かが講堂を暗くして一本のスポットライトをライナスに落とします。明瞭な声で、ライナスは話し始めます。

 

 

6:29

 

“And there were shepherds abiding in the field, keeping watch over their flock by night. And the Angel of the Lord came upon them and said, ‘Fear not: for behold, I bring you tidings of great joy. For unto you is born this day a Savior, which is Christ the Lord.’ And there was with the angel a multitude of the heavenly host praising God and saying, ‘Glory to God; peace on Earth, good will to men.’”

Everyone is quiet as Linus finishes. “That’s what Christmas is all about, Charlie Brown,” he says.

 

 

「そして、土地を守り続ける羊飼いがいました。夜通し群れの傍らでじっと見守っています。そして神の使徒がやってきて言いました。『恐れることはない:見よ、私はあなたにものすごい喜びの便りをもたらします。
お前たちのもとへ主キリストである救い主が今日生まれます』
そして、神の言葉を称賛する大勢の天使たちも一緒でした。
『神への賛美:地上では平和が,善意の向かう人々に』」

ライナスが終わってもみんな静かです。
「それがクリスマスの何たるかです。チャーリーブラウン」彼は言います。

 

 

7:05

 

Charlie Brown picks up his little tree and steps outside. He looks up at the dark sky full of twinkling stars. He finally feels happy deep down inside, the way Christmas is supposed to make you feel.

“Linus is right,” he says to himself. “I’m not going to let everyone else’s greed spoil my Christmas. I’ll take this little tree home and decorate it, and show everyone it really will work in our play.”

 

 

チャーリー・ブラウンは、彼の小さい木を持って外へ歩み出た。
彼は、暗い空できらめいているいっぱいの星を見上げます。
ついに彼は、クリスマスで感じるはずの気持ちで、深い心の中が幸せであると感じます。

「ライナスは正しい」彼は彼自身に言った。
「私は他のみなのを私のクリスマスで台無しにさせるつもりはありません。私はこの小さい木を家に連れて行って、それを飾ります、そしてみんなに我々の劇でそれが本当に働くことを見せる。」

 

 

7:34

 

Charlie Brown passes Snoopy’s fully decorated doghouse. Snoopy won first prize!
He takes a shiny red ornament off the doghouse and hangs it on the little tree.

But the ornament is too heavy, and the little tree topples over.
Charlie Brown is horrified. “I’ve killed it!” he cries. “Everything I touch gets ruined.”
He walks away sadly, with his head down, leaving the little tree alone.

 

 

チャーリー・ブラウンは、スヌーピーの完全に装飾された犬小屋を通り過ぎます。
スヌーピーは、一位を獲得しました!
彼は犬小屋から光る赤い装飾をとって、それを小さい木に掛けます。

しかし、装飾はあまりに重いです、そして、小さい木は倒れました
チャーリー・ブラウンはぞっとします。「私は、それを殺しました!」彼は泣きます。
「私がさわるすべては、破壊された。」
彼は、小さな木を置いたまま悲しげに頭をもたげながら逃げ去ります。

 

 

8:04

 

After Charlie Brown leaves, the others find the tree.
“I never thought it was such a bad little tree,” Linus says. He wraps his blanket around the tree’s base. “It’s not bad at all, really. All it needs is a little love.”

Without saying a word, the other kids begin taking the decorations off of Snoopy’s, doghouse and putting them on the tree.

 

 

チャーリー・ブラウンが去ったあと、他の人が木を見つけます。
「私は、それが決してそれほど悪い小さい木であると思いませんでした。」ライナスは言います。彼は、毛布で木の土台をくるみます。
「それは、まったく悪くありません、まったく、それが必要とするすべては、少しの愛です。」

何も言わずに、他の子供は、スヌーピーの犬小屋の装飾をとり始め、その木に飾っています。

 

 

8:26

 

It doesn’t take long for them to transform the little tree into something magicall.

 

彼らが小さい木をマジカルな何かに変えることは長くはかかりません。

 

 

8:35

 

When Charlie Brown returns a few minutes later, he can scarcely believe his eyes.

First he looks at Snoopy’s bare doghouse, then at the beautiful tree. “What’s going on here?” he asks. Then he looks at his friends. Their faces are all shining with joy.

 

 

チャーリー・ブラウンが数分後に帰ってくると、彼は、目をほとんど信じることができません。

最初に、彼はスヌーピーの裸の犬小屋を見ます、それから美しい木。
「何がここで起こったんだ?」彼は尋ねます。それから彼は友達たちを見ます。彼らの顔は、みな喜んで輝いています。

 

 

8:53

 

“Merry Christmas, Charlie Brown!” they shout. And before Charlie Brown can say another word, they start to sing Christmas carols.

 

 

「メリークリスマス、チャーリーブラウン」みなでさけびます。そして、チャーリーブラウンが別の言葉を言いだす前に、みんなはクリスマスキャロルを歌い始めました。

 

 

9:06

 

Charlie Brown smiles and starts singing with his friends. He knows it is going to be the best Christmas ever!

 

チャーリー・ブラウンは微笑んで、彼の友人と歌い始めます。
彼は、それがこれまでで最高のクリスマスになるということを知っています!

 

 - 英語絵本